python

Pythonを使う

  • Bit Arrow版Pythonでは、Pythonを使った簡単なプログラムを作成できます。利用できる機能には制限がありますので、現時点での対応状況については対応状況をご覧ください。
  • Internet ExplorerではPythonは利用できません.他のブラウザをお使いください.
  • Bit Arrow版Pythonは、サーバとブラウザのどちらで実行するか選択できます。
    • 編集画面で実行をクリックすると、サーバとブラウザの選択ができます。なお、F9を押しての実行の場合、前回実行したほうが選択されます。
    • サーバでの実行では、実行時間が長いプログラムについては実行が完了しない場合があります、ご了承ください。また、同時に実行できる人数に制限があります。混み合っている場合は少し待って実行をしていただくか、時間をずらしてご利用いただきますようお願いいたします。
    • サーバ上の実行ではPython3で動きます。
    • ブラウザ上での実行はサーバでの実行結果となるべく同じになるよう実装を行っていますが、一部動作が異なる場合がありますのでご了承ください。

2019年4月時点の対応状況

対応状況

  • 共通して利用できる関数
    • range, input, str, int, float, len, type, quit, exit, sorted
    • Python3で動きますが、printはPython2と同じように記述できます。
      print("hello")
      print "World" #これも動く
  • サーバでのみ実行できるもの
    • 次のライブラリが利用できます。
      • datetime,random,math,re
    • 次のライブラリは一部の機能が利用できます。
      • matplotlib : pyplot.title, pyplot.xlabel, pyplot.ylabel, pyplot.bar, pyplot.scatter, pyplot.plot, pyplot.axis, pyplot.show
      • numpy : count_nonzero, random.rand, random.randint, random.random, random.random_sample
      • os : getcwd, path.exists
  • ブラウザでの実行について
    • サーバでのみ実行できるものはブラウザでの実行では利用できないのでご注意ください。

対応していない主な機能

以下の機能は現時点で対応していないことが確認されているものです。これ以外にも未対応の機能がある可能性があります。確認ができ次第随時更新いたします。

  • サーバ・ブラウザ共に対応していない機能
    • 対応状況で記載がないライブラリ
    • ほかのファイルをモジュールとしてインポート
    • 辞書型
    • 配列のスライス
    • コロンの後に改行を行わずに書く
      #実行できないプログラムの例
      i = 0
      while True:
          if i == 5: break #このbreakは改行が必要
          if i == 7: 
              break #この書き方ならOK
          i+=1
          print(str(i)+"回目のループ")

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional