preparation

使用までの準備

  • Bit Arrowの使い方が新しくなりました。
  • このページではBit Arrowを授業で使用するまでの準備について説明します。

1.教員用アカウントを登録する

Bit Arrowを使用し授業を行うには、はじめに教員用のアカウントを登録します。登録はこちらで行いますので、教員登録フォームから必要な情報をご記入の上送信をお願いいたします。
「学校名、お名前、メールアドレス」を明記のうえ下記フォームからご連絡ください。

教員登録フォーム

bitarrow[ at ]eplang.jp

上記のメールアドレスから、教員用のパスワードを返信いたします。

すでに教員用アカウントをお持ちの方は次へお進みください。

2.教員用アカウントでログインする

Bit Arrowのログイン画面下部に表示されている「教員の方はこちら」というリンクから教員ログイン画面に行くことができます。
ログイン画面

教員用ログイン画面では教員用アカウントに登録したメールアドレス、パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックしてください。
教員ログイン画面

3.授業で使うクラスを登録する

ログイン後、Bit Arrowを授業で使うためのクラスを登録します。クラスIDは自由に決めることができますが、「校名+年度+クラス名」のような分かりやすいクラスIDをお使いください。

  • クラス名の例「meisei2018prog」(明星大学で2018年度開講のプログラミング授業)

教員メイン画面

作成したいクラスIDを画面上部のテキストボックスに入力し、「新規クラス作成」を選択するとクラスが作成されます。このとき、すでに他の先生などに使用されているクラスIDを使うことはできません。
現在のアカウントで作成済みのクラスは画面下部に一覧表示されます。

4.クラスの設定をする(パスワード使用・ユーザ自身による登録の可否)

作成したクラスは、ログイン後の教員ページトップの下部に表示されますので、この中からクラスを選択し、クラス管理ページに行きます。「クラス設定」リンクから,次のような設定が可能です.

  • 初期では生徒のログイン時にパスワードを使用しない(パスワード入力欄は空欄でログイン可能)設定になっているため、クラスで生徒にパスワードを使わせたい場合、『「使用する」に変更』をクリックすると、ユーザはログイン時にパスワードが必要になります。
  • ログイン画面では,生徒が自分の好きなユーザ名を入力してログインすることができますが,教員側でユーザ名を指定させたい場合は,「ユーザ登録方法」を「教員による登録のみ」に変更することができます.

これらの設定は、一度設定を変更しても,いつでももとの設定に戻すこともできます。
パスワード設定の変更

5.ユーザを登録する

クラス管理画面から「ユーザ登録」を選択するとユーザを登録できます。
ユーザの登録
csvファイルを用いると一括で複数のユーザを登録できます。csvファイルの形式はサンプルを参考にしてください。テキストボックスから1人ずつ登録することも可能です。なお、ID以外の情報を変更したい場合は再度同じIDで登録しなおすことで上書きすることができます。

ユーザ登録サンプルファイルのダウンロード

ユーザ登録画面

6.教員用の演習画面にログインする

クラス管理画面の最下部にある「演習画面へ」から、教員アカウントの演習画面に飛ぶことができます。教員用演習画面でも、通常のユーザと同じようにプログラムの編集や実行ができます。
また、教員用演習画面からは学習者へファイルの配布が行えます。

教員支援機能の説明を見る
新バージョンのお知らせに戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional